グルコサミンとは?

グルコサミンはどんな成分なの?

グルコサミンとは?膝の痛みに良いというけれど...

 グルコサミンとは、アミノ糖の一種です。体内のあらゆるところに存在し、合成されますが、年齢と共に合成能力が減少してしまうと、軟骨の生成が追いつかず、関節の痛みが出てきてしまうのです。そうすると体外から摂取(経口摂取)することが望ましいとされています。だから加齢と共に意識して摂取すると膝の痛みの緩和や、予防になると言えます。

 普段の食事でもグルコサミンを取り入れることは可能です。グルコサミンの成分はカニやエビの甲殻部分に多く含まれます。また動物性の食材では牛・豚・鶏・うなぎ・フカヒレからも摂取できますし、植物性では山芋や、納豆・オクラ・なめこのネバネバ系に含まれていますが、1日に必要な量を食材だけで取ろうとするとかなり偏ってしまうので、サプリメントを利用してみましょう。

 グルコサミンを上手に摂取することが関節痛から解放される近道になり、加齢と共に避けて通れないとも言えるので、予備的に摂取している人も増えてきています。嫌な関節の痛みや腰痛の緩和、を常用する薬よりも簡単に毎日続けられのがサプリメントなのです。そもそもサプリメントとは、不足しがちな栄養素を補助する『食品』です。薬ではないので副作用の心配もありませんから安心して飲めるので、毎日取り入れ続けることでより効果を発揮してくれます。